抵当権に関して

皆さんは、抵当権についてご存知でしょうか。簡単に説明しますと、「担保物件」と思ってもらえたら幸いです。実際、お金が払えないときに抵当権をかけることで、その時に売れた金額で負債を補てんするものです。しかし、抵当権を実行したからと言って、必ずしも、全額返せるとは限りません。その際は、残った金額に関して債権として扱うことになります。

抵当権には実行の他に、「解除」というのもあります。これは、借りていたお金の返済がすべて終わった後に実行することができます。その際に必要となるのが「抵当権抹消登記」この登記は主に司法書士を通して行うケースが多いのですが、時間がある方は、自分でやって経費を削減するのも手でしょう。

短いお話でしたが、抵当権に関しては奥が深く、「抵当権付の建物等を買った」等のケースもあり、詳しく知って損はない法律の一つとして挙げることができます。ぜひ、書店などに足を運んで調べてみてはどうでしょうか。

ビジネスで役立つ英語をミーティング対策はこちら